小野寺歯科医院 | 蕨市 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

診療案内

小野寺歯科医院 | 蕨市 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング 予防歯科

〒335-0004 埼玉県蕨市中央1-25-3 並木ビル1F 048-433-1855

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちら
診療案内

予防歯科

長年にわたって健康な歯を維持するには、日常的な予防やメンテナンスが大切です。
治療が終わったからと言って、日常的なケアをおろそかにしてしまえば、また虫歯や歯周病になり、悪循環を繰り返すことになってしまいます。

悪循環に陥らないためにも、定期的な検診をおすすめしております。
お気軽にお問い合わせください。

PMTC

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科衛生士による歯の清掃のことです。

専門技術と専用ツールを使って、歯ブラシの届きにくい所や、たまりやすい所の汚れを完璧に除去するというものです。

当院ではPMTCをおすすめしています。

PMTC

PMTCをおすすめする理由

1.歯磨きやデンタルフロスで磨いても約20%は歯垢が残る
自分で歯垢を毎日100%落とすのは、ほぼ無理です。
うまく磨ける人でも歯ブラシとデンタルフロスの使用で80%〜85%程度までしか歯垢を落とすことができないと言われています。
どうしても同じような場所に磨き残しができてしまうので、虫歯や歯周病が起きてしまいます。
自分では落としきれない歯垢を、PMTCによって定期的に落とすことで自分の歯を守ることができます。
2.[4mm以上]の歯周ポケット内は細菌を取り除けない
歯周病は、歯周ポケットの中に細菌が感染して起こる病気です。
歯周病が進行し、歯周ポケットが4mm以上になってしまうと、歯ブラシ・歯間ブラシでは歯周ポケット内の細菌を取り除くことができません。
そのまま進行していくと、歯周ポケットがより深くなり、歯が揺れたり、抜けたりしてしまいます。
歯周ポケット内をPMTCで定期的に清掃することによって、歯周病の進行を防ぐことができます。
3.バイオフィルムは洗口剤では取れない
歯の表面には、歯を守るためにバイオフィルムという薄い膜があります。
バイオフィルムに長期間にわたって細菌があると、細菌感染を起こし、虫歯や歯周病が起こります。
感染してしまったバイオフィルムは、洗口剤などでは取れないので、機械的にこすったり、振動を与えて剥がす必要があります。
PMTCで機械的な振動を与え、定期的にバイオフィルムを新しいものに変えていくことによって、虫歯や歯周病を防ぐことができます。